トラブルになる前に注意!浮気を見抜くテクニック!

浮気を見抜くテクニックを紹介しています。ご活用下さい! - 浮気と男性の心の動き

浮気と男性の心の動き

浮気と男性の心の動きには密接な関係があると言われています。

例えば、結婚生活に期待をしていたものの、いざ結婚すると想像とは違い落胆してしまったという人も多いと思います。
原因としては休みの日は妻と一緒に過ごしたいと思っているのに、妻は毎週日曜日に習い事をしてその帰りに友人とお食事をするため、せっかくの休日なのにあまり一緒にいる時間がないという場合にも浮気をしてしまう原因となるかもしれません。

男性に限らず女性もそうだと思いますが寂しさを紛らわすために浮気に走る方というのは多い傾向にあります。
毎日残業続きでヘトヘトになって自宅へ帰宅したら、自宅は既に真っ暗で妻は先に寝ていたなんてシチュエーションだとかなりへこんでしまうと思います。
さらに、妻や子供を起こさないようにリビングで1人寂しく晩御飯なんてこともあると思います。

仕事が上手く行っているときだとまだ気分転換もできると思いますが、これで仕事も上手くいってないとなると誰かに助けを求めたくなるのは当然です。
特に子供ができると夫はほったらかしにされる傾向にありますが、夫が浮気に走らないためにたまにはアメを与える必要もあります。

探偵の尾行テクニック

探偵の尾行テクニックの中に、クロス・テイルと呼ばれるものがあります。
このクロス・テイル、探偵調査の中でも最も重要な尾行方法と言えます。
別項目で説明したルース・テイル。これが遠距離からの尾行であるのに対し、クロス・テイルの場合はターゲットに接近して尾行を行います。

もちろん、ルース・テイルよりも調査の発覚率が高くなってしまうため、最新の注意を支払って尾行を行います。

ルース・テイルを行う場合と、クロス・テイルを行う場合では探偵の使うアイテムも大きく変わってきます。
遠距離からの尾行になるため、望遠機能のあるカメラやビデオを使うルース・テイルに対して、クロス・テイルの場合は撮影に気が付かれないためにもスパイカメラなどを多用するケースが多いです。

調査の仕方にもよりますが、ルース・テイルで利用するような望遠機能のある立派なカメラを、
接近して構えられては誰であっても警戒してしまいます。
数々の浮気現場を目撃してきた浮気調査ならプランニーではクロス・テイルの尾行の場合に役に立つスパイカメラもたくさん用意しています。

メガネ型のカメラ、ライター型のカメラ、車のキータイプのカメラ、ボールペン内蔵カメラ…。
クロス・テイルを行っているその時々で、こういったスパイカメラも使い分けるわけです。

ルース・テイルが調査初期段階での尾行に対して、このクロス・テイルは調査の最終段階の尾行ともいえます。

ターゲットが密会している場面、ラブホテルへの出入り、そういった決定的な場面を抑えるためにクロス・テイルを用います。
クロス・テイルの技術次第では、浮気の証拠となる写真の質も大きく変わってきます。

決定的な写真を納めやすい代わりに、浮気の発覚率も高い、まさにもろ刃の剣ともいえる調査法です。
どんな探偵でも心得ているこのクロス・テイル、探偵であれば必須の尾行テクニックとも言えるでしょう。

クロス・テイルを行う場合、変装をする場合も多いです。
夜であれば、闇にまぎれやすい格好、そして、ターゲットが浮気をしている現場にいてもおかしくないような自然な格好をします。
探偵の中には、リバーシブルのジャケットを用意している人も多いため、クロス・テイル時にも簡単に変装をすることが可能なわけです。

新着情報

◆2015/02/24
浮気と男性の心の動きの情報を更新しました。
◆2015/02/24
言い寄られると断れないの情報を更新しました。
◆2015/02/24
言い訳をする男性の情報を更新しました。
◆2015/02/24
自制心の弱さの情報を更新しました。
◆2015/02/24
見え隠れする心の動きの情報を更新しました。